記憶をたどって

El Camino de Santiago を歩きたいと思ったのは
スペイン語クラスの友人の話からだった。
800km以上の道を重い荷物を背負ってひたすら歩く。
1ヶ月は必要だろう。 1度で歩くのは無理なので
最初は足を慣らすために、ロンセスバジェスからパンプローナまで
ガイドとともに歩き、そこからブルゴスまではひとりで行くことにした。
巡礼の旅は、自分と向き合う旅・・・
今までの自分を脱ぎすて新しい自分に生まれ変わる旅・・・
同じ目的地に向かって、世界各国から大勢の人が訪れる。
日常必要な最低限の荷物と雨具、その日の食料と水。
ホタテ貝の印を道案内にして、1日平均約20km
画像

朝暗いうちに出発して、次の宿泊地まで遅くとも午後2時に着くようにする。
道すがらのあいさつは”!buen camino¡”
4月の空は青く遠く
何かを変えたいと思った・・・何?と聞かれてもわからない

旅立つ人へ

!Feliz viaje¡
Ohara que vuelvas pront
Con nueva vida

El Caminoを歩いて、何か変化があったのだろうか?
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)